動物愛護 About animal welfare

エコファーという選択

毛皮に代わる新素材「カネカロン」のエコファーを使用することで、動物たちの尊い命を守ることができます。

エコファーという選択

毛皮のために滅びゆく動物たち

耐寒性・防風性に優れたトラやヒョウ、ミンク、ビーバーなどの毛皮は、かつては人間の生命を守る衣服の素材として重宝されてきました。しかし近年では、ファーはファッションの一つとして大量消費されるようになり、その結果、乱獲によって無数の動物が命を落とし、多くの種が絶滅の危機にさらされています。

動物愛護の気運が高まる時代

毛皮を目的に育てられる動物の多くは、極めて劣悪な環境の中で飼育されます。また、状態の良い毛皮を取るために、苦痛をともなう方法で殺されるケースがほとんどです。現在ではこうした状況が、ヨーロッパをはじめ多くの国々で問題視され、動物愛護の気運が高まる一方。毛皮に代わるエコファーを選択することは、生命多様性・動物愛護の観点からも、大きな価値があるのです。

ページの先頭へ